料理長 佐藤 祐二

北海道帯広市出身。東京・築地の寿司屋で修行後、札幌で経験を積み、2013年シンガポールへ。

その後、当地で8年間副料理長を務め、自身の名を冠した『鮨佐とう』の料理長に着任。 料理人歴は27年。

伝統を守りつつも、溢れる情熱で常に新しいものを探求する彼のスタイルは、代表料理であるイカそうめんをはじめ、北海道から空輸された極上食材のおいしさを最大限に引き出し、裏付けされた技術で洗練された美食へと昇華させます。

店内

自然に囲まれたデンプシーヒルにインスピレーションを受けデザインされたレストラン。 

The feature walls in both the main and private dining counters aim to bring in the lushness with its leaf motif carvings, with the cream and pink colours representing the Sakura cherry blossom season in Japan.

カウンターには日本から輸入した最高級の檜を使用。樹齢200年の檜そのももの質感と香りもお楽しみください。